チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。 多摩美術大学美術学部 生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻卒 R.Sさん
先輩社員紹介 consultant 1.

多摩美術大学美術学部
生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻卒 R.Sさん

ブラビスを選んだ理由

就職を考える時、デザインに関わりのない人でも普段の生活の中で目にするものを作っていきたいという気持ちがありました。大学での企業説明会までブラビスのことは知りませんでしたが、そこで、誰もが一度は見たことのある商品やロングセラー商品を多く手がけいることを知り、魅力を感じました。大学では立体デザインを学んでいて、グラフィック専門の会社を受けることに引け目も少し感じましたが、パッケージも立体の一部だし、やるだけやってみようと思い、受けることにしました。

入社後の発見

自分がデザインしたものをプレゼンテーションで使ってもらえるということです。入社したその日からデザインをするというのは事前に聞いていましたが、全体の一部分だけとか些細なことから始まるのだろうと思っていたので驚きでした。責任もありますが、その分新人でも先輩方と同様に仕事のチャンスが与えられるので、ほどよい緊張感の中で楽しんで仕事に取り組んでいけます。

社長と先輩の印象

デザイナーの人というと神経質で頑固でプライドが高い、といったイメージがあったのですが、そんなことはなく皆さん和やかな方達です。会議や打ち合わせも殺伐とした空気が流れるものを想像していましたが、所々笑いもあり平和な雰囲気です。

アドバイス

就職活動では、特に他学科の友人たちと多く意見を交換し合うようにしていました。自分にはない視点からの新鮮な意見をもらうことが出来たと思います。そしてここに行きたい!と思った企業を見つけたら、学生最後の大仕事と思って全力で取り組むのが良いと思います。僕自身、正直ブラビスに入るのはちょっと無理かな・・と思っていた所もありましたが、なんとかなりました。