パッケージデザインを通じて多くの人たちに幸せな気分を伝えたいです。 武蔵野美術大学 大学院 N.Kさん(韓国)
先輩社員紹介 consultant 1.

武蔵野美術大学 大学院 N.Kさん(韓国)

学生時代に熱中したこと

学生時代を思い出したら、作品制作や自分の研究、友人とのお話など、学校で過ごした時間がいちばん楽しかったなと思います。グラフィックデザイン史についての研究をしつつパッケージデザインの授業を受け、作品制作と研究のバランスをとりながら毎日をエンジョイしました。少し忙しい日々だったとは思いますが、学生だからこそ感じられる充実感に満ちた日々だったと思います。

ブラビスを選んだ理由

私は小さい頃からパッケージデザインが好きで、いつか仕事をするならパッケージデザインに関わるお仕事ができたら良いなと思っていました。 それで、就職活動を始めてからブラビスを知り、ホームページの業務内容を見て「私が探していた会社はここだ!」と思いました。短い間ですが、私が日本で生活しながらよく見かけていたパッケージやCIを手がけていたことから信頼感を感じましたし、海外とのお仕事にも積極的に対応していてやりがいがあるお仕事ができると思って選びました。

入社前と入社後のブラビスの印象

ホームページでしか接する機会がありませんでしたが、お仕事の内容が幅広くて、すごく頑張っている会社だと思いました。それは入社後の今でもそう思っています。また、入ったばかりの新人にも先輩方と同じくデザイン開発の機会が与えられ、色々な仕事にチャレンジできます。

ブラビスでの目標

まだ入って間もないので、先輩方のデザインを参考にしたり、少しでも時間ができたら本や展示などをみるようにしていて、常に学んでいます。いつか自分がデザインした商品が実際に売場へ並ぶようになって、その商品を笑顔で手に取る人々を思いながら頑張っています。

就職活動中の後輩へメッセージ

就職活動をするとき、一番大事なのは、「わたしがやりたいことって何?」と自分に言い聞かせることじゃないかと思います。私は単純に「パッケージデザインをやりたい!」とずっと自分に言い聞かせていました。学校の生活が忙しくなったり、友達が先に就職先が決まったりすると焦るようになって、自分の将来の夢を忘れてしまいがちです。私は、就職活動とは、自分の夢を描ける場所探しだと思っています。「社会に出て働くために」という考えより、「自分がやりたいこととは何か」とゆっくり、そしてちゃんと考えるほうがいいと思います。就職活動頑張って下さい!!