武蔵野美術大学 基礎デザイン学科卒 M.Tさん
先輩社員紹介 consultant 1.

武蔵野美術大学
基礎デザイン学科卒 M.Tさん

ブラビスを選んだ理由

学生時代、私の学科ではデザインは分けられないという理念のもと、グラフィック、ブランディング、映像、写真、立体、3DCGなど、様々なデザインを学んできました。何か1つのことをずっとやり続けるよりも広い視野をもち、様々なことにこれからも取り組んで行きたいと思っていたところ、学校の企業説明会でブラビスを知りました。紹介していた仕事はCI開発や店舗デザインなど多岐にわたり、パッケージも平面だけにとどまらずフォルムのデザインなども手がけていました。 ここで働けたら毎日楽しく、新鮮な気持ちで仕事が出来るのではないかと思い、ブラビスを受けました。

ブラビスのここが良い

選んだ理由でも話した通り、いろんな仕事が出来るところです。ブラビスではチームに分かれて仕事をしていますが、他のチームの案件にも参加することが出来ます。自分のやる気次第でたくさんの経験が得られ、技術を学べる環境はブラビスならではだと思います。また毎日行われるクリットや、年末に行われるブラビスアワードという社内コンペで自分のデザインに対する評価を知ることができ、常に高いモチベーションで仕事が出来ることもとても魅力的です。

学生時代に打ち込んだこと

今もそうですが「やりたいことをしっかりやる」をモットーに過ごしていました。1年はサークル活動、2年は自主制作に力をいれ学外の展示を積極的に行い、3年は一人暮らしを始め学校の課題に全力で取り組みました。4年では就活、卒制や旅行など、だいたい1年ごとにやりたいことや目標をたててこなしています。スカイダイビングやバンジージャンプに挑戦したり、デザイン・フェスタに出展したり、仮装パレードに自作の衣装で参加したり、いろいろな体験をすることを心がけていました。

私の就活経験

どの企業でも面接は毎回緊張していましたが、終わりにはいつも楽しかったなという気持ちになっていました。「面接官に良い印象を与えなくてはいけない場」としてではなく「先に入社している先輩とコミニュケーションがとれる場」という気持ちで話をすると良いと思います。出題された課題がうまくいかなかった時も、理想を実現するためにはどうしたらよかったのか面接の場で相談したりしていました。合否に関わらず面接後は何かしら今後につながるアドバイスや改善点を聞くことが出来たので、楽しかったと感じていたのだと思います。