いつも笑顔でいたい。 愛知県立芸術大学美術学部デザイン・工芸科デザイン専攻 N.Tさん
先輩社員紹介 consultant 1.

愛知県立芸術大学美術学部
デザイン・工芸科デザイン専攻卒 N.Tさん

なぜ、ブラビス?

大学の求人掲示板にあった各会社のホームページを片っ端から検索した中で、「氷結」のパッケージが目に飛び込んで来た時は興奮しました。他の作品も良く知っている商品ばかりで、「なんてすごい会社だろう」と思いました。パッケージという、商品の顔をデザインすることの難しさと楽しさを授業で体験したところでしたので、パッケージの実績が多いことに興味を惹かれましたし、その商品達が自分に身近だったことも迷わず応募するきっかけでした。

ブラビスのココが良い

入社して、先輩のアシスタント的なことをするのだと思っていたらデザインに関してはまったく平等の立場なところに驚きました。初日からデザイン開発をして、社内のプレゼンに参加するので自分の未熟な所を日々実感しつつ、先輩方の素敵なデザインとアイデアに触れることができます。また、社員同士の距離が近いこともブラビスの良さだと思います。ランチに行ったり、時には休日を一緒に過ごしたり、和気あいあいとした中で仕事ができます。

学生時代に打ち込んだこと

バレーボールしかしていません(笑)1年に1回の芸大同士の試合に向けて練習ばかりしていました。部活動の上下関係は濃厚ですので、OB・OGさんとたくさん知り合いました。学生時代より今の方が人生の先輩、デザイナーの先輩として多くのアドバイスを貰っています。他芸大の方とも知り合えましたし、ゲームの勝ち負け以上の物を得られたと思います。

今後の目標

良いデザインをたくさん作っていきたいのはもちろんですが、クライアント対応を完璧にしていきたいです。もともと人付き合いが苦手な部分があったのですが、クライアントとの信頼関係の構築が何より大切だと分かってからは悪戦苦闘しつつ頑張っています。クライアントの要望をしっかり理解し、それに答えるコンセプトのしっかりしたデザインをつくっていきたいです。

アドバイス

視野を広げる努力は大切だと思います。先に書いたように部活に入るのもアリですし、アルバイトをしたり、旅行に行ったりして一カ所に居続けずに動き、いろんな人と接してみることが財産になっていくように思います。特に愛知芸大は山の中で世界が閉じていましたから、そこで完結しないようにとは日々思っていました。課題も大事ですが、自分という人間を高めることも必要です。毎日楽しく過ごしていくことが就職活動にも役立っていくと思います。