日常の発見を大切にし、多くのことを吸収したい。 首都大学東京システムデザイン学部 インダストリアルアートコース M.Nさん
先輩社員紹介 consultant 1.

首都大学東京システムデザイン学部
インダストリアルアートコース卒 M.Nさん

なぜ、ブラビス?

僕は、昔からデザインに興味があり、大学ではグラフィックデザインを学んでいました。そして、グラフィックデザインの中でもっとも楽しいと感じたものが、パッケージデザインです。そんな学生生活のなかで知ったブラビスという会社は、僕にとってとても魅力的でした。ブラビスは、誰もが知る国内外の企業のブランドや商品のパッケージをいくつも開発していて、どのデザインも一度見たら忘れない・思わず手に取ってしまうようなものばかりでした。自分もこんなデザインができるデザイナーになりたいと思ったことが、ブラビスに応募するきっかけとなりました。

ブラビスのココが良い

ブラビスの一番の魅力は、新入社員にとって成長しやすい職場環境があることです。先輩方とともに自分が開発したデザインをプレゼンテーションする機会が毎日あります。その機会を通して、おなじ課題に対する先輩方の様々なアプローチを学ぶことができます。また、自分が開発したデザインに足りないものがはっきりしてきます。そして、どのようにしたら評価されるデザインを作ることができるのかという点を考えることもできます。ブラビスでは新入社員のうちから、様々なプロジェクトに関わることができ、毎日が挑戦の日々です。チャンスに恵まれ、早いうちから多くの経験が積めることにより、自分の成長を実感するとともに毎日が楽しくなります。

学生時代に打ち込んだこと

僕は、学生の頃、コンペやゼミでの展示会に積極的に参加しました。毎日大学に通い、大好きな制作活動に力を注ぎました。大学の友人と意見を交換しながら制作することにより、新しい発想が生まれ、自然と作品が増えていきました。また、大学での制作活動だけでなく、趣味も大切にしました。デザインのヒントは至る所にあると思います。色々なことに興味を持つことで、自分にしか作れないデザインやアイディアが生まれます。学生のうちに、自分が気になったことに関心を持ち、何でもやってみて下さい。

今後の目標

僕の目標は、幅広いデザインができるデザイナーになることです。パッケージデザインの仕事は、多種多様で対象とするターゲットもさまざまです。そのため、仕事で大切になることは、何でもこなせる柔軟性や引き出しの多さです。幅広いデザインができるデザイナーになるため、毎日少しでも多くのデザインに触れて自分のものにしていく。そのような意識を持って仕事に打ち込んでいきたいと思います。どんな仕事も楽しんで取り組むことを忘れずに、一歩一歩成長していきたいです。

アドバイス

就活中は辛いこともあると思います。僕も自分が進もうとしている道が、自分にとって正しいのかと悩んだこともあります。しかし、悩んでいても始まりません。悩む時間があったら、少しでも多くの作品を制作することが大切だと思います。充実したポートフォリオが完成するにつれて、自信にもつながります。そして、その結果として就活のなかで良い結果が生まれると思います。また、「必死に頑張った」という結果は、自分にとって貴重な財産になると思います。最後まで諦めず、自分の目標を達成してください。焦らず、自分に合ったやり方を見つけ、就活を楽しんでください。