おもしろきこともなき世をおもしろく すみなすものは心なりけり。 東京外国語大学外国語学部東南アジア課程カンボジア語専攻 J.Hさん
先輩社員紹介 consultant 1.

東京外国語大学外国語学部
東南アジア課程カンボジア語専攻卒 J.Hさん

ブラビスを選んだ理由

正直なところ、ブラビスという会社の存在を知りませんでした。初めての出会いはリクナビ。会社名こそ知りませんでしたが、クライアントや実績は認知度の高い企業や商品ばかりで驚きました。もし入社したら、自分の関わった仕事の成果が人目に触れ、世の中に爪痕を残せるんじゃないか、そういう点に魅力を感じ、ブラビスのエントリーシートを書き始めました。

ブランドコンサルタントの仕事は、チームで力を合わせてひとつの課題を解決していく仕事だと聞いていたので、その点が自分の性格や希望するワークスタイル、学生時代の経験などにマッチし、働きがいを見いだせる会社だと思いました。また、私は美大出身ではないので周囲にデザイン会社に就職する人は全くいませんが、人とはちょっと違う仕事ができればという気持ちも持っていたので、そういった意味でもブラビスに魅力を感じました。

入社後の発見

社会人というと、縦社会で、時間や締め切りに終われ、張りつめた空気の中で働くものと想像していましたが、ブラビスはそのイメージとは違うなという印象です。上下関係は厳しくなく、大学サークルの先輩後輩の様な感覚でフランクに接してもらえます。

時間に終われることもありますが、個々のペースで仕事をしたり、フロアのあちこちで2、3人の打ち合わせが行われていたりと、和やかな雰囲気の中で働くことができます。新入社員も先輩と一緒にプロジェクトに参加して自分の考えを述べることができますし、やりたいと思った仕事には積極的に関わることができ、とても自由にのびのびと働くことができます。裁量を与えてもらえる反面、どう考えてどう行動するかが常に問われる職場だと思います。

社長と先輩の印象

社長や先輩との距離感が近いというのもブラビスの魅力の1つだと思います。社長がフロアに来て声をかけてくださったり、先輩が旅行先のお土産をくれたり、社長と先輩方はとてもフレンドリーだなという印象です。社員は、角がない、まろやかな方が多く、会社のカラーなのかなと感じています。ボーリング大会やパーティーなど社内行事もあるので、部署関係なく先輩たちと関わることができます。創立15年の会社なので、社員も比較的若い方が多く、とても溶け込みやすい会社です。

アドバイス

就職活動はどうしても自分一人の閉鎖的な活動になりがちなので、積極的に友達と連絡を取り合って近況を話したり、互いにアドバイスをしあったりした方が良いと思います。何気ない会話の中で自分の考えが整理され、新しい気づきを得られることもあります。

面接等では、自分の本音を出すことが大切ではないかと思います。私はなんとか相手の企業に合わせた自分を演じようと頑張っていましたが、あまりうまくいかず、どうせダメなら本音を出しておけば良かった...と思うことが多々ありました。素の自分を受け入れてくれる会社がきっと見つかると思うので、あきらめないことが大切です。

学生のうちに、今できることは何でもトライした方がいいと思います。勉強、遊び、サークル・部活、飲み会、旅行、留学、ダラダラした一日、昼夜逆転生活など、学生の特権はたくさんあります。これらの経験が仕事をしていく上での引き出しになり、いいアイディアに結びつくかもしれませんし、社会人になった後に、学生時代に戻りたいと思わないためにも、やれることはやっておくべきです。就職活動は大変ですが、自分なりの信念をもって取り組めばうまくいくと思います。