いろんな角度から物事を見て考えて、デザインできるようになりたい 東京藝術大学 卒 Y.Kさん
先輩社員紹介 consultant 1.

東京藝術大学 美術研究科卒 Y.Kさん

ブラビスに入った理由

大学ではパッケージデザインは専攻していなかったのですが、就活を進めていくうちにパッケージに興味を持ち、最後はブラビスに決めました。私の専攻では評価や賞などを重視する傾向があって、一般の人の視点が軽視され視野が狭くなってしまいそうな感覚がありました。それに対しパッケージ業界では評価や賞も重要ではありますが、最終的に一般の人の反応が影響するので、客観的な視点を忘れずにいれるのではないかと思い、パッケージ業界に決め、業界の中でもヒット商品を多く生み出していて、国内外のデザインができるブラビスに決めました。またブラビスではパッケージだけでなく、ロゴデザインや企業のブランディングに携わるチャンスがあるのも決め手となりました。

会社の雰囲気

先輩は優しい方ばかりで、本当に良い雰囲気です。議論が白熱して緊張感のある雰囲気になることはたまにありますが、会議などでもかなり和やかな空気感です。すごくフラットなので、年齢など関係なく自分の意見を言うことができて、先輩もきちんと聞いてくれます。
部署によって雰囲気に違いはあると思いますが、普通の会社と比べてゆったりした感じなのではないでしょうか。

仕事の楽しみ

自分の部署はもちろん、他の部署の開発に参加できることです。
ブラビスでは「ブリーフ」と「クリット」と呼ばれる会議があって、「ブリーフ」ではクライアントからのデザイン依頼の内容を共有します。「クリット」ではブリーフを受けて作成したデザインを並べて一つずつプレゼンし、感想を述べ合ったりします。社内コンペのような感じです。その会議は他の部署の人も自由に参加して一緒にデザイン開発することができます。他の部署の開発に参加できない時でも会議にだけ参加して、さまざまなデザインを見ることができます。自分では思いつかないようなおもしろいデザインにたくさん触れて刺激を得ることができます。

就活のアドバイス

就活したての頃はどの会社だったら自分が役に立てるだろうと考えて就活していましたが、就活を進めていくうちに気づいたのは、企業が求めているのはその人の実力や新しいアイディアよりも、"のびしろ"なのだと感じました。(ブラビスでは新しいアイディアは結構求めている方かと思います。)入社したら、将来どのくらい成長するのかを見ているのだと思います。なので、ポートフォリオや面接では"のびしろ"や"可能性"を伝えられるようにしたらいいのではないかと思いました。例えば完成された作品ばかりでなく、スケッチやプロトタイプだったり、自分の成長や変化がわかる記録のようなページがあってもいいのではないかと思いました。