いつも笑顔でいたい。 金沢美術工芸大学 Y.Mさん
先輩社員紹介 consultant 1.

金沢美術工芸大学卒 Y.Mさん

ブラビスを選んだ理由

高校生のときから元々パッケージデザインに興味がありましたが、大学では広告やブランディング、映像、写真など様々なことを学ぶ機会がありました。その中でもやはり1番楽しかったのはパッケージの授業でした。自分の作ったものが実際に店頭に並び様々なお客さんに手に取ってもらえるとてもやりがいのある仕事だなと感じ、ブラビスを受けました。ブラビスは、多くの有名商品のパッケージ開発に携わっており、また他のデザイン会社にはあまりない海外案件も多いところも魅力の一つでした。

ブラビスのココが良い

入社して1ヶ月も立っていませんが、既に沢山のデザインの開発に携われることです。ブラビスでは入社初日からデザインを行います。最初は慣れなくて戸惑いますが、日々学ぶことばかりでとてもやり甲斐を感じますし早く先輩達に追い付きたいという気持ちになり、日々のモチベーションにも繋がります。毎日行われるクリットでは自分のチームだけではなく、他のチームのデザインも見ることができ、毎日とても勉強になります。

学生時代に打ち込んだこと

大学1、2年次の頃はフリーペーパーを制作する団体に所属しており、代表を勤めていました。取材から協賛費の管理、編集まで全て自分たちで手がけており、これを機に様々なスキルを身につけました。3年次には個々の作品制作は勿論、コンペティションに積極的に参加したり就活用のポートフォリオの制作にも励みました。4年次の卒業制作では、山奥の工房にこもり、新しい表現技法を追求したりと4年間を通して作品の表現の幅を広げてきました。大学では本当にいろんなことを学ぶので、自分が何をやりたいのかわからなくなる時がありましたが、自分が本当に好きなことは何かと自問自答していました。好きなことを極めると自分の強みにもなりますし、自信にも繋がります。

私の就活体験(アドバイス)

個々の作品をより良く見せていくために、ポートフォリオ制作には特に力を入れてきました。作品の並び順や写真の撮り方、レイアウト、自分が面接で説明するときどの順序だとわかりやすく伝わるかなど、試行錯誤しながら制作しました。デザイナーの就職活動では最初のポートフォリオ審査がとても大切なので、紙の種類から製本まで細部までこだわりを持つことを心がけていました。自分の納得するポートフォリオができると面接試験も自信を持って受けることができるのでお勧めします。