武蔵野美術大学 デザイン情報学科卒 A.Tさん
先輩社員紹介 consultant 1.

武蔵野美術大学
デザイン情報学科卒 A.Tさん

ブラビスを選んだ理由

幼い頃から店頭に並んだパッケージを見るのが好きで、将来はパッケージデザイナーになりたいという想いがありました。パッケージ業界を中心に就職活動をするにあたり、HPや学校説明会を通してブラビスを知ったのがきっかけです。人々の身近にあるパッケージデザインをすることが夢だった私にとって、誰もが知る企業のブランドや商品のパッケージを数多く手掛けるブラビスはとても魅力的な会社でした。そして、成長環境に恵まれた会社など、知れば知る程ブラビスで働きたいという気持ちが大きくなりました。

ブラビスのココが良い

入社してすぐに開発に携わることができ、先輩方の様々なアプローチを見て学ぶことができる点がブラビスの大きな魅力だと感じています。以前まで、デザイン会社の新人はアシスタントからというイメージがありました。しかしブラビスでは、新人でも先輩方と同じ案件に挑戦することができます。レベルの高いデザイナーに囲まれ、学べる機会が常にあるということは、自分自身を成長させるとても恵まれた環境だと思います。社員の方々もとても優しく、居心地の良い職場で仕事をすることができます。

学生時代に打ち込んだこと

学生時代に打ち込んだことは、課題制作をはじめ、コンペや展示などの制作活動です。ものづくりが好きで、手を動かして何かをつくるということは日々の生き甲斐でした。特に私の学科では、タイポグラフィや写真、エディトリアル、WEBなど、幅広い分野を学ぶことができたので、今でも他分野で学んだことが活かされる機会が多くあります。制作以外にも、好きなアーティストのライブや遠出をして写真を撮ったり、サークルで管弦楽やシルクスクリーンに挑戦するなど、学生のうちに好きなことを精一杯やろうと心がけました。

私の就活体験(アドバイス)

私は緊張しやすく自分をアピールしたり発言することが苦手で、就職活動に大きな不安を感じていたので、ポートフォリオをしっかり作りこみ、伝えたいことを明確にした上で面接に挑もうと考えていました。大学3年の春頃から本格的に制作に取りかかり、それを就活イベントでプレゼンするという事を繰り返すうちに、どうしたら自分の思いが伝わるのか明確になり、自信にも繋がっていきました。 就職活動中は、自分を見失ったり、苦しい時期が続くと思います。しかし、地道な努力の積み重ねは必ず良い結果に繋がると信じて、周りの状況に焦らず、体調管理に気をつけて頑張って下さい。